アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「この世には『結果』だけが残る!!」 超像可動キング・クリムゾン、11月に登場ッ!



juchusho-k-crimson.jpg


公式サイトにて、ついに超像可動キング・クリムゾン予約開始の報がッ!!
同時に彩色済みの見本画像も掲載されました。

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 キンクリ!キンクリ!
 ⊂彡

興奮して参りましたッ!!!

商品名は「キング・クリムゾン」でなく「K・クリムゾン」。
ムーディーブルース等が問題なくそのままの名前で発表されてたので、商標関連の問題はクリアできたと思ってたのですが、ここに来て、こうなったようです。
いやはや、権利関係ってデリケートなんですねw



ワンフェスにて、その原型を目撃したのが約2ヶ月前。
当ブログでも写真を交えて、興奮気味に紹介をしました。

【2013】 ワンフェス 新作超像可動その1<キング・クリムゾン&ディアボロ> 【夏】

その際には、彩色されていない原型での展示でしたが、予約開始に伴い、今回彩色済みの画像が公開ッ!
それでは、公式サイトの画像を見ていきたいと思います。

kc-2.jpg
カラーリングは、キング「クリムゾン」の名にふさわしく、濃い紫みの赤が目立つ仕様になっています。
顔も、その昔立体化されたコトブキヤのキンクリと同じくグレーがかった白。
実は、ジョジョASBの影響で、顔が緑くなるんじゃないかと心配していたんで、ホッとしました。
jojo5_5-2.png
いや、ジョジョASBの色がダメっていうわけじゃないんですけどね。。。
やっぱりキンクリの顔は白の方がしっくりきます。

kc-mein-1.jpg
もはやキンクリの代名詞的ポーズともいえるこのポーズ。
超像可動の名のとおり、しっかりポージングさせることができるようです。
余談ですが、このポーズ、元になっているのは原作の
画像 232
このシーンだと思うんですが、正確には左手がブチャラティの土手っ腹を貫く拳状になっているのが正しく、作中にはこんなポーズを取ったシーンはないんですよね、多分。
となると、どこかしらにこのポーズの原点があるわけです。
思いつくのは、「一番くじ」第5部のB賞なのですが、
news_large_giogio5kuji-B.jpg
自分的には、その数年前に販売された「台詞プレート付フィギュアキーホルダー」のキンクリのポーズが原点だと思ってます。
608059920.jpg
あ、でもこのキーホルダー、左手が拳になってるから、やっぱり一番くじなのか?
それとも、やはり原作中にこのポーズが登場しているのか!?
情報求むッ!
以上、ホントに余談でしたwww

kc-5.jpg
こちらは、画集「JOJO-A-GOGO」の書き下ろしイラストを元にしたポージング。
150570417_d42de463c0_20130919171429796.jpg
JOJO公式サイトの解説によると、
今回はフィギュア本体に新機構が内蔵されており、劇中の様々なポーズを再現可能です!!
腹部から腰にかけて節ごとに関節が仕込まれ、蛇腹のように滑らかな可動を実現しています!!

とのこと。
新機構というのが、書かれている「腹部から腰にかけて節ごとの関節」のことを指しているのか、それとも何か別のものを指しているのか、日本語が難しくて察することができないのですが、好きなキャラから新しいものが採用されているとか聞くと、なんだか誇らしい気持ちになりますw
画像のような微妙な腰の曲がり方も新機構あってのものなんでしょうかね。

kc-3.jpg
kc-4.jpg
ここで公開されている見本は「素晴らしい」の一言ですが、
製品版になると、ここと同じものが入っているとは限りません。
例えば身体の格子模様。
見本ですと、鮮やかなクリムゾンカラーに白の格子がかけられ、非常に美しい仕上がりになっていますが、細かい部分だけに大量生産された製品版では塗装のアラが目立つんじゃないかと心配です。

付属品。
juchusho-k-crimson2.jpg
いつも通りの叫び顔頭部が付属。
今月発売されたソフト&ウェットから頭部パーツは3つが主流になると思ってたんですが、残念ながら1つですねw
いつもは「誰得?」と思う叫び顔ですが、表情豊かだったキンクリだけに使いどころは多そうです。
叫び顔に合わせて、額のエピタフも表情変わってますw
この、文字通りキンクリの「もう一つの顔」であるエピタフも実は心配材料のひとつ。
かなり小さい部分になるので、その塗装がどのくらいの状態で製品になることやら。。。
大事なパーツなので、丁寧な塗りを期待します!

juchusho-k-crimson3.jpg
他の付属品はハンドパーツのみという、いつもながらスタンドの付属品は寂しさ満点です。
人間の方ばかり付属品が多いなんて不公平w
ただ、この
画像 233
「矢を掴んだと思っていたら、自分の身体が透けていた。何をいってるか(ry」
のシーンを再現できるハンドパーツがついてるのは、評価します。
これが付くなら、焦って汗かきまくってる頭部パーツも欲しかったなぁwww


以上、公開された参考画像を元に言いたいことを言ってみました。
やはり好きなスタンドが発売されるとなると、ワクワクが止まりませんね。
まだ随分先なのに、11月が待ち遠しくてしょうがありません。
この流れに乗って、順当に12月はディアボロが発売されてくれるなら尚良しなのですが、どうなることやら・・・。

しかし、超像可動の5部もラスボススタンド登場でいよいよ終盤です。
長いシリーズでしたが、終わってしまうとなると、一抹の寂しさもあったり。。。
まぁ、その辺はスタチューレジェンドで展開されるであろう5部サブキャラで癒してもらうことにしましょう。


「超像可動“ジョジョの奇妙な冒険 第5部 黄金の風”【K・クリムゾン」は、2013年11月発売予定で、定価5,755円です。
( Д ) ゚ ゚ <5,755円!
価格がえらいことになってますね・・・。
スタンド単体なのに、スタンドとセットになってた露伴よりも高いですよw
付属品もいつも通りですし、新機構に余程金が掛かったんですかねぇ。
今回だけならば好きなスタンドなので良しとしますが、今後この価格で定着されると困りモンです。
つーか、この価格で酷い仕上がりになってたら、さすがに黙ってないからね!メディコスさんッ!!




関連記事



キンクリやっぱり超かっこいいな・・・

初めてフィギュア買っちゃいそうです
[ 2013/09/20 19:28 ] [ 編集 ]

キングクリムゾン(バンドの方)…というかリーダーのフリップ爺さんが権利関係に非常にキビシイ(もといがめつい)お方ですからね…(笑)
キングクリムゾン事件とかもありましたし…、今度も2万円、24枚組(!)のボックスセットでますしね。
[ 2013/09/22 20:53 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/09/24 18:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/572-b8ae5b7c










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。