アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【2013】 ワンフェス 新作超像可動その1<キング・クリムゾン&ディアボロ> 【夏】



画像 099


先日、千葉県は幕張メッセにて開催された造形物の祭典
「ワンダーフェスティバル2013夏」!!

今回も様々な新作ジョジョフィギュアがズラリと並びました~!

「あぁ、ソバチカね。今年も人のマワシで相撲取るつもりなんだろ」
と思ったそこの貴方!
伊達に「エピタフ」が付いたわけじゃあございません。
今年はこの管理人オーガスト7自ら、ワンフェス会場に行ってまいりましたァン!
行った気分になっていたのは以前まで。
今年の画像は全てこのソバチカブログオリジナルでございます!
(おかげで、早々に管理人が写真に写り込んでますけどw)

前置きはさておき、まず紹介するのは、超像可動でお馴染みのメディコスから。
管理人的最大ヒットだった「キング・クリムゾン」と「ディアボロ」です。
いよいよ原型キターーーーーーッ!



関東へ引っ越したため、容易にワンフェス会場である幕張メッセにアクセスできるようになり、
今回は生まれて初めてワンフェスに参加することができました。
ワンフェス自体の感想はいずれ語るとして、今回は展示されていたフィギュアのレポを。

ワンフェスはメディコスブースにて配られた広告で、いよいよ11月発売と告知された第五部ラスボススタンド
「キング・クリムゾン」。
今回のワンフェスにて、原型初公開です。

画像 067

画像 097

画像 096

画像 100

肩パーツが非常に強調された造形になり、
非常にかっこいい原型となったキンクリです。
ボディのバランスが凄くいいなと感じました。飾った時、様になるというか。
自分の中ではキンクリってもっと細いイメージだったのですが、
こんなキンクリも悪くないですね。
これ、塗装さえおかしなことにならなければ、非常に出来のいいフィギュアになると思うんですよね~。

初めて自分で行って、こうして写真を撮ってきたわけですが、
誰が撮っても、似たような写真の構図になることに気付きましたw
そして、ケースの中に入っているフィギュアを撮影するということがこんなに難しいとは・・・。

しかし、メディコスブースではケースに入って展示されていたいましたが、
別のブースへ行くと、ケースから出されて展示されてました。
「同じものが同じ会場で別々に展示されている」ということを会場に来て、初めて知りましたw
匠工房のブース?PROGRESSのブース?
とりあえず、そっちで展示してあったのが、こちら。
画像 109
画像 110
ケースに入ってなかったので、かなり近付いて撮影できました。
画像 032
画像 033
画像 034
画像 035
顔の作りも細かく出来てます。
エピタフの顔も確認できますし、原作通り邪悪な顔になってますねぇ~。
ちなみに、上の4枚は所有の一眼レフカメラで本気出してみました(ドヤァ
まぁ、充電してなくて、あっという間に電池切れたんですけどw



そしてッ!
ついにこの時が来たッ!!
超像可動ディアボロ、爆誕ッ!!!
(ただし、パネル画像のみw)
画像 0539
てっきりパンフには名前さえ挙がっていなかったので、
その姿を確認することさえできないと思っていたのですが、
パネルにてその姿が確認できました。
ボ、ボスゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!!
しかし、このパネルの画像って、実際にあるものを撮してるんでしょうか?
それとも、CGか何かで作ったもの?

画像 0534
顔はこんな感じ。
ツイッターにてむらさんがつぶやいておられましたが、
アバッキオが命を賭して作り上げたデスマスクを彷彿とさせます。
画像 053
眉毛、こんなにフサフサしてたっけと思えるほどしっかりした眉です。

画像 0531
全身図。
あの鬱陶しい長髪も完全再現。
「あれだけの長髪、可動に向いてないからどうやって再現すんだろ?」と言われていましたが、
見事再現して、見事可動に接触しましたw
こんな形なので、絶対首回りはほとんど可動できないことでしょうwww
身体の方は、あの網目の服は塗装で再現ではないようですね。
腕の刺青は現段階では確認できないので塗装で再現するんでしょうね。刺青なのに彫り込まないとはこれいかに?
画像 054
コトブキヤから昔発売されたディアボロフィギュアでは、刺青の色分けは再現されてなかったのですが、
超像可動はどうなることでしょう?
お尻のおしゃれアイテム(謎のヒラヒラ)もちゃんとあります。
いやぁ、ちゃんとボスしてるじゃあないですか~。
首回りの可動がなさ過ぎて、「オレのそばに近寄るなぁぁぁぁ」はできそうもないのが残念ですが。

昨年から始まった第五部もこのキンクリとボスでようやくゴールです。
キンクリとボスが出るのは遙か先と思っていただけに、この2体の原型が公表されたこと自体、感無量です。
現在の原型には一切文句はないので、カラーリングでとんでもない色にならないことを祈るのみ。
超像可動キング・クリムゾンは11月発売予定。
ディアボロは、現在のところ未定です。
12月発売のものが何も予定されていないのに、「ディアボロは12月発売」とは言わないところを見ると、
カラバリが挟まれるんでしょうか・・・。
まぁ、どうなるかはまだまだ分かりませんので、続報を楽しみに待つことにしましょう!


追伸
「突撃!となりのジョジョ部屋」企画にご応募くださった皆様、ありがとうございます。
今回のワンフェス記事が一段落したら、企画に突入の予定ですので、今しばらくお待ちください。
なお、企画参加者は現在も絶賛募集中!
あなたの自慢のジョジョコレクションを是非ともご披露くださいなッ!
関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/564-112184fc










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。