アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【今更感が】 ジョジョオールスターバトルPV第5弾公開&詳細情報更新ッ! 【すごい】



画像 043


先日、東京や大阪の大型ビジョンにて流されたPS3ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル」のPV第5弾が公式サイトでも公開されました。
そして、その公開から間もなく、ファミ通公式サイトにて、
PV第5弾に初登場した第5部の面々の詳細情報が掲載ッ!

果たして、ディアボロの性能やいかにッ!?


随分と更新が途絶えておりました。
再開早々失礼しました。
悪いのは、全て真・女神転生4です。
ブログの更新時間どころか、睡眠時間まで持って行きやがったッ!
先日、ようやくニュートラルルートで1周目をクリアしましたw




先週のアタマには公式サイトにて公開されましたPV第5弾。

わざわざ新宿まで見に行ったわけですが、
そのときよりも、公式サイトで見た方が興奮しましたw
根っからのインドア野郎だなwww

動画をコマ送りで見ながら、
画像 038
画像 041
「こんな演出がある!」
「こんなところにこんなキャラが!」
と、マニアらしい楽しみ方をしていたのですが、
そんなことをしている間に、ファミ通公式サイトにて、PVに登場した
・ブチャラティ
・ナランチャ
・ディアボロ
の詳細な情報が公開されてました(技名とか)。

・ブチャラティ&スティッキィ・フィンガーズ
l_51b6b06d5e18d.jpg
l_51b6b06d80c37.jpg
スタンドの方は、超像可動まんまの色合いですが、本体のブチャラティは、白を基調としている部分こそ同じですが、ジッパーのカラーがパープルで、超像可動よりも更に落ち着いた色合いに。


ゲーム中での動きですが、
l_51b6b06add937.jpg
l_51b6b06babbf4.jpg
「閉じろジッパー」や「開けジッパー」などをはじめとして、
スタンドの能力であるジッパーを使ったものがほぼメイン。
PS2の五部ゲーの感覚で使えそうですね。
l_51b6b06b86e3d.jpg
意外にも、「アリアリラッシュ」が超必殺技枠じゃない!
挑発ポーズが
l_51b6b06c74cf3.jpg
これだったわけですが、てっきり「この味は嘘をついてる味だぜッ!」といって、対戦相手の顔を舐めるものと信じ込んでいた時期がありましたw

ハートヒートアタック「覚悟はいいか?オレはできてる」
l_51b6b06c915f9.jpg
l_51b6b06cadefb.jpg
l_51b6b06ccafce.jpg
対プロシュート戦で見せた列車からの決死のダイブがハートヒートアタックになりました。
画像 011
ゲーム内では、必ずしも列車内ではないので、ジッパーの先が上空に繋がっている仕様に。
相手もろともジッパー内に飛び込んで、地面に激突させる技になっています。
説明だと、「自分もダメージを受けてしまう捨て身の大技」になってるんですが、
原作ではプロシュートだけ落として、ブチャラティはノーダメージだったのに・・・。
みんなのリーダーはそんなにマヌケじゃないやい!
つーか、ASBはそんな技ばっかですねw

グレートヒートアタック「アリーヴェデルチ」
l_51b6b06d0eff8.jpg
言わずとしれた「アリアリラッシュ」
通常技にもあったのですが、こちらが完全版というわけですね。
確かに、原作中でも使い分け、というか「アリーヴェデルチ」まで言えなかったラッシュがありましたね。
相手を打ち上げたあと、一端地面に潜るらしいのですが、
その潜るときのポーズが
l_51b6b06ce74f1.jpg
これ。
これって、対セッコ戦で、ポルナレフの元に急ぐため、地面に潜った際の
画像 012
このポーズがモデルですね。ニヤリとさせられます。
そして、技の締めは当然、
l_51b6b06d2b512.jpg
「アリーヴェデルチ」(キメッ)
でございます。そら、女性ファンにはたまらんだろうな。。。

また、このブチャラティには
l_51b6b06d466a7.jpg
敗北が決定してしまうラウンド限定で発動する固有技「『天』がチョッピリだけ許してくれた偶然の運命」があります。
これは、体力がゼロになった瞬間、わずかながら体力が回復するというストⅢのギルの技「リザレクション」ぽい技。
なかなかにチートですが、これも原作を忠実に再現した結果です。
まさか、こんなところまで再現するなんて恐ろしいですね、ここの会社。
ということは、当然敗北したら、天使と昇天していくブチャの演出もあるんでしょwww


・ナランチャ&エアロスミス
l_51b6b35598d23.jpg
l_51b6b355acd71.jpg
ブチャラティチームの火の玉小僧、ナランチャです。
カラーリングは、完全に超像可動と同じですね。
やはり、エアロスミスはこの色がピッタリです。


技の方は、スタンドであるエアロスミスの射撃をメインとしたものが多いですが、
l_51b6b35443df3.jpg
「撃てねえーーーーんなら撃てねぇーでよオオオオオ」のような射撃以外のものもあります。
対スクアーロ戦で見せたプロペラ斬りです。
PS2版では、この技が再現されてなかったので、今回採用されてよかった。

l_51b6b354eec38.jpg
投げ技「どうだ!どうだ!」では、ボスの追っ手から逃げる際に追っ手と間違えて一般人を袋叩きにした際の行動を再現。
まさか、このシーン持ってくるとはw

ハートヒートアタック「もっとでっかくしてやるぜェ~~~~ッ!!」
l_51b6b35521edb.jpg
「爆弾による連続爆撃を行うハートヒートアタック。」とあります。
技名からするに、対ホルマジオ戦で、火から出る二酸化炭素に紛れて、ナランチャの追跡を躱そうとするホルマジオを燻り出す際に周囲をめちゃくちゃに撃って火の手を広げた場面ですね。
画像 013

l_51b6b35535370.jpg
l_51b6b3554841e.jpg
しかし、通常技の時もそうですが、エアロスミスを操作するような技の場合、ナランチャの立ち姿は全部これで固定されているんですかね?

グレートヒートアタック「ボラーレ・ヴィーア」
l_51b6b3555f733.jpg
l_51b6b35572faf.jpg
l_51b6b3558605e.jpg
まぁ、ナランチャだったら当然とも言えるグレートヒートアタックですね。
公開されたPVではフィニッシュ部分はミサイルによる一点爆撃で締める模様。


・ディアボロ&キング・クリムゾン
l_51b6b5d0c5048.jpg
l_51b6b5d0e28eb.jpg
ギャング組織「パッショーネ」を率いるボス、降臨です。
ディアボロの立ち絵の全身図を初めて見ましたが、いやぁサマになってますね。
なんか中腰で、長時間維持するのが難しそうですが。
スタンドのキングクリムゾンは、一番くじでもお馴染みのポーズ。

原作じゃあ、本来左手は拳でブチャを貫いてたポーズなんですけどね。
画像 001
ゲーム版はやっぱり顔の色が凶悪なんですけど。。。

l_51b6b5ce5f7e9.jpg
PVでも登場していたドッピオもちゃんといます。
画像からは分からないのですが、プレイアブルキャラとしてではなく、やはり登場デモ時だけなんでしょうね。

l_51b6b5cea39b8.jpg
画像 014
コマンド技である「とどめだァーッ」は、ディアボロの正体を暴きそうになった占い師にトドメを指したシーンから。

そして、ディアボロ&キングクリムゾンで最も気になるのは、「時間を吹き飛ばす」というその能力をどうゲームにて再現するか、という点。
過去に発売されたPS2版では、「時間の流れがスローモーになり、その中でディアボロだけが自在に動ける」という「時間を吹き飛ばす」という能力とは思えない苦肉の策を打ち出しました。
で、今回のASBはというと・・・
l_51b6b5cf904b1.jpg
当て身技「無意味な行為だったな」を発動させ、相手の攻撃を受けると、
「"時間を吹っ飛ばす"モード」が発動。
このモード中に、
l_51b6b5cfe86ce.jpg
コマンド技「『時間を消し去って』飛び越えさせた…!!」を発動させると、
相手キャラは、その直前に取った行動を継続するが、ディアボロは「攻撃の軌跡が見えるッ」状態となり、
無敵状態で自由に動くことができる、とのこと。
・・・。
自分の文章読解力がないせいか、やることはPS2版と同じなような・・・。
まぁ、当たり判定がなくなるってのは、異なりますがね。

「なぁんだ、やっぱり今回も濁すことしかできなかったか~」
と思いましたが、ハートヒートアタックの解説でその考えが浅はかだったと思い知りました。

ハートヒートアタック「エピタフ(墓碑銘)」
l_51b6b5d048829.jpg
l_51b6b5d05c493.jpg
l_51b6b5d070caf.jpg
この技を発動させると、エピタフの能力にて未来を100%予知し、なんと相手のほとんどの攻撃をスタイリッシュムーブで自動的にかわせるようになります。
これ、原作後半の「時間を吹き飛ばす」という能力がなんとなく違った形で描かれていた時のほぼ再現ですよね?
なるほどな~、こうすれば確かに能力の再現はできてます。

グレートヒートアタック「永遠の絶頂」
l_51b6b5d0831a2.jpg
l_51b6b5d09db66.jpg
l_51b6b5d0b2383.jpg
グレートヒートアタックは、ディアボロが最も大事にしていた「永遠の絶頂」が技名に。
時間を吹っ飛ばすモードになり、相手の背後から強力な一撃を叩き込むようです。
画像を見る限りでは、ヴェネツィアでの対ブチャラティとのとどめの場面の再現ですね。
画像 002
画像 003
キングクリムゾンの強力無比な姿を拝めそうですね。


これ以外にもファミ通のサイトでは、情報が並んでました。
・メニュー画面の詳細
l_51b6b9d31b302.jpg
う~ん、スタイリッシュ!
・「ゴゴゴモード」と「覚悟モード」の紹介
・新しいステージと新しいシチュエーションフィニッシュの詳細

これらについては、ファミ通のサイトをご覧下さい。


PVの動画を見ているだけでは、イマイチ分からないことが多かったですが、
この情報でだいぶ理解できました。
ディアボロが第五部ボスらしく、かなり強力な技を多数所持していたのに安心し、
自分の持ちキャラとして育てていく意思を固くしました。
まぁ、強力な技があるってことは、それだけテクニカルなキャラになるか、尋常じゃなく通常技が弱かったりするんでしょうけどね。まぁ、その辺は愛情でなんとかしたいと思います。
でも、ブチャラティの固有技がかなり凄いことに。。。
キャラ人気も相俟って、使用する人が続出しそう。


さて、この記事を書いていた昨晩に、ユーストリームでは
「オールスターバトルリーグ」の抽選会が開催されてましたね。
自分も見てたのですが、パソコンがポンコツのせいか、しょっちゅうバッファ中になってストレスが溜まりましたw
シードキャラになったのは、
1位 ジョナサン
2位 ディオ
3位 仗助

で、惜しくも選外に4位ブチャラティという結果。

あれあれ~、応援してたディアボロがいないよ~(コナン風)

ディアボロは死のブロックFブロックで、億泰、花京院、カーズ、ミスタと当たります。
自分的には、VSカーズなんかが注目のカードかな。
抽選会では、抽選のほかに、エキシビジョンマッチで仗助VSブチャ、ジョナサンVSディオの映像が流れました。
普通にプレイする動画を見たのは初めてだったので、抽選会よりも価値があった気がしますw
思った以上に、普通に格ゲーしてましたwww

そんなPS3ゲーム「ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル」は、8月29日発売です。
発売まで、あと2ヶ月とちょっと。
それまでは、このバトルリーグで楽しませてもらいたいと思います!
関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/552-fe53a0bd










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。