アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【ベネ】 2013年上半期のスタチューレジェンドシリーズのラインナップが公開ッ!! 【ジョジョ】



kirayosikage.jpg


以前、メディコス超像可動シリーズのラインナップについて触れましたが、
今回は、もう1つのジョジョフィギュア代表格、「スタチューレジェンド」シリーズの2013年上半期ラインナップです。
前回からだいぶ間が開いちゃってますけどw


今日までジッと待ってましたが、一向にメールが来ないということは。。。
やっぱり、ワンフェス限定ジョルノは外れたってことですよねぇ(泣)
なんとか、再抽選が当たることを祈ってます・・・。
今回、競争率高くない??



前回記事のコメントの中でもちらほらとその情報が書かれていますが、
まぁそれとは別に、こちらの方で紹介したいと思います。
情報が遅くて、申し訳ございません・・・。

1月 ソフト&ウェット

先月発売されました8部主人公スタンド、「ソフト&ウェット」。
こちらがスタチューレジェンド2013年1発目の商品でしたね。
しかし、このS&W、最新作のスタンドの割には立体化に恵まれており、
このスタチューレジェンド以外にも

最近発売された一番くじでもフィギュア化されてます。
また、超像可動でも立体化されることが決定してます。
う~ん、8部のストーリー的には、この外見で最後まで行くとは到底思えないんですけどねぇ。


2月 スタープラチナ セカンド

2月はスタープラチナのセカンドカラーです。
2月は、超像可動もスタチューレジェンドもカラバリってことになります。
これは両方買っているファンにはしんどい仕打ちです・・・。
今までスタチューレジェンドってカラバリで1ヶ月潰すってことはなかったと思うんですが。
方針の転換?


3月 東方定助

1月のスタンドに引き続き、本体である定助が3月に登場です。
超像可動の定助が5月に出ますから、立体化はこちらが先になりますね。
作中でも、未だ性格が掴みきれてないせいか、無個性な直立での立体化。
これが発売されるまでには、少し話が進んで、「定助といえば、こんなポーズ」といわれるようになっていると
いいですね。


4月 クレイジーダイヤモンド

12月のキラークイーンの発売を受けた形で、4部主人公スタンドクレイジーダイヤモンドが
4月に発売です。
つーか、超像可動は3月までしか原型が公表されていないのに、
ベネは4月まで公表されています。
やはり、無可動の方が立体化しやすいということなんでしょうか。
単にベネスタッフが優秀なだけ?www


5月 吉良吉影
画像 011
ここからは、まだ原型の公開されていない初登場のラインナップです。
5月には、12月に発売されたキラークイーンの本体である「吉良吉影」が発売です。
スタンドが発売された以上、当然本体も発売されるとは思っていましたが、
キラークイーン発売以降、なかなかその発表がなかったので、スタチューレジェンド初の「スタンドのみ」商品になるかと思いました。
画像では参考として初期の吉良になってますが、果たしてどのバージョンが来るんでしょう。
まぁ、川尻顔なら、商品名が「川尻浩作」になるはずですから、この画像の吉良が来ると思いますけど。
んで、カラバリで頭だけ新規造形の「川尻浩作(吉良吉影セカンド)」が出る、と。


6月 プロシュート&グレイトフル・デッド
画像 012
そして、6月には5部ファンが夢見ていたあのキャラがついに立体化です!!
兄貴!兄貴!兄貴!
5部暗殺チームから「プロシュート兄貴」とそのスタンドグレイトフル・デッドがリアル頭身では初の立体化!
ベネは以前から、「5部暗殺チーム」を予定に入れてましたが、
3部が発売されたり、主役級をラインナップしてみたり、未だ当初の予定の4部キャラを消化しきれていないなど、
様々な展開があったため、暗殺チームなんて下手すりゃ出ないとばかり・・・。
ちゃんと約束守ってくれたベネはエライ!!
でも、老ジョセフを待ち続けている方には申し訳ないですw
商品名を見ると、スタンドである「グレイトフルデッド」もセットでの発売の模様。
音石明&レッチリみたいな感じでしょうか。
グレイトフルデッドはそんなに小さいイメージではなかったので、セットだからと小さくはしないで欲しいのですが・・・。
さて、嬉しい反面心配なことも。
ベネのスタチューレジェンドは、結構大きさがバラバラなことで有名な商品。
また、当初は「超像可動の補填的商品」との位置付けで超像可動の大きさに近付けていたのですが、
最近は大抵が超像可動よりも大きくなっています。
5部の敵キャラですし、超像の5部勢と飾りたいので、できれば大きさは超像に近付けて欲しいところです。



スタチューレジェンドも、今年はついに5部へ突入という、非常に嬉しいことになりました。
ただ、前述したように、過去、発売予定に上がっていた商品がまだ出ていなかったり、
クレイジーダイヤモンドの本体である東方仗助のラインナップが予想されるなど、
すんなりと5部には移行しなさそうですね。。。
それでも、発売してくれるということは素直に喜びたいと思います。
2013年は5部フィギュアがたくさん出てくれるので、
財政難になりそうです。嬉しいような、悲しいようなwww









関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/534-bfeca2c8










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。