アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「うばぁしゃあああ」 超像可動パープル・ヘイズ、11月に登場ッ!



ss-juchusho-purplehaze.jpg


ワンフェス等で無彩色の原型のみ以前から公開されていた
パープルヘイズが、彩色済み画像と共についに発売決定!!

うばぁしゃあああああと勢いよく、公開された画像を見ていきます!!



10月がエシディシの発売ということで、
残った原型がパープルヘイズだけだったということもあり、
大方の予想通り、順当に11月発売となりました。
変なカラバリを挟まなくて、本当に良かったです。
まぁ、ブチャ2ndとかは逆に見たかったですけど。。。

さて、公開された画像は、こちら。
p-1-j.jpg
何が安心したって、顔のバイザーですかね。
原型ではクリアパーツじゃなかったんで。
まぁ、普通に考えて、クリアじゃないわけがないんですけどね。
5部キャラは、本体の方はほっそいのが多いのですが、
スタンドはまだかろうじて太い作りになってます。
部分的にツヤのあるブラックを使用しており、甲冑っぽくてカッコいいです。

p-4-j.jpg
あと、驚いたのはカラーリングですかね。
これまで発売されたパープルヘイズは
20111104121137504_20120910233926.jpg
131787599609813113274_5_20120910233926.jpg
キャラヒーやスタンドコレクションのように、体色は紫を含んだものという
勝手なイメージがありましたが、
今回のは、白に薄い紫という従来のものとはまったく違ったカラーリングです。
ダーティなイメージのあったパープルヘイズがえらくすっきりしてます。
ただ、このカラーリング、どっかで見たことありません?

そう、以前発売されたジョジョ小説「恥知らずのパープルヘイズ」の表紙に書かれた
パープルヘイズと同じカラーリングなんですよね。
拳についたウィルスカプセルも同じ色です。
まぁ、カラーリングはディストーションと同じですが、フィギュアはちゃんと腰布付きですが。

p-2-j.jpg
拳の先端についているカプセルもしっかり再現されてます。
背後に写っている顔は、涎が垂れているバージョンですね。
涎がいい感じですw

p-3-j.jpg
初登場時のスタンドの瞳は今回は再現されていないようですね。
あれがあると、結構不気味なのでスタンドのイメージには合ってたんですけどね。

付属パーツは、以下の通り。
ss-juchusho-purplehaze4.jpg
差し替えのヘッドパーツは上記でも説明した涎ダラダラ顔。
いつもの叫び顔とは異なりますが、これもある意味、叫び顔かwww

ss-juchusho-purplehaze2.jpg
ハンドパーツのみってのがちょっと寂しい。。。
台座の延長パーツがついてますが、これはなんででしょう?
これって、ザ・ワールドのように背中に台座との接続を阻害するようなものがある場合に付くものなんでしょうけど。
パープルヘイズの背中にそんなもん、ありましたっけ?

ss-juchusho-purplehaze3.jpg
少ない付属パーツを補足するように、今回は台詞プレート付き!
これはちょっと嬉しいですね。
言葉は、初登場時、体操座りをしてたときの台詞ですが、
これは、あの体操座りを再現できるってことですかね?

p-1-js.jpg
原型との比較。
大きな違いはあまり見られないのですが、
腰と脚部をつなぐ関節が小さくなったように思えます。
これこそ体操座り可能という表れだったり!?


デザイン的に凄く好きなスタンドであるパープルヘイズがいよいよ発売です。
カラーリングにちょっと驚いたものの、
この記事を書いている間になれた、というか凄くカッコよく見えてきました。
スティッキィ同様、メタリックな加工がされており、5部スタンドは今後もこういった路線で行くんでしょうかね?
これで原型は使い切ったわけですが、12月にどういったキャラを持ってくるのか楽しみでもあります。
おそらくカラバリでしょうね。
そんな気がします。

超像可動“ジョジョの奇妙な冒険 第五部 黄金の風”パープル・ヘイズは
2012年11月下旬発売で、価格は4,200円。
何故か、ちょっと高くなりました。
なんでだろ?顔のクリアパーツのせいか?





関連記事



五部勢の中で一番期待してたキャラですが、色とかシルエットとか最高に格好いいです。

接続補助パーツは背中にトゲがあるからですね、多分。

涎顔には瞳がありますが、通常顔にはないですね。
単行本のスタンド図鑑がモデルだと思いますが、唯一の登場だったイルーゾォ戦じゃ瞳孔開きっぱなしだった印象なので、瞳は両方入れてほしかったです。

あとオプションパーツが少ないですね。パープルヘイズは塗料でお金掛かってるような気がします。
フーゴの方にカラス、鏡、カプセル単体がつくのを期待します。

自分の中で初の保存用の二個買いに手が出そうです。
[ 2012/09/11 12:59 ] [ 編集 ]

思った以上にかっこいいですね!
カラーも新鮮味あってベネ。
パープルヘイズは猫背な感じというイメージがあるのですが、普通に立っていても十分かっこいいですね。
まだフーゴがでていなかったんですかね?だとすると次はフーゴなのかな。
楽しみです!
[ 2012/09/11 16:56 ] [ 編集 ]

>若禿さん
カラーリングは、結構賛否両論のようですが、自分としてはいいと思ってます。
シルエットもキレイですね。
若禿さんに言われて、ヨダレ顔を見たら、確かに瞳がありました。
あれって、キレると出るのか?
オプションパーツの少なさは、スタンドの場合少ないのが通例になっちゃいましたね。
溶けたカラスは絶対欲しいwww

>淳2さん
素立ちでもイケてます。
でも、自分で飾る時は、絶対猫背にしますけどw
フーゴは未だ原型すら出てないんですよ。
あの服を超像可動でどう再現するか、手こずっているに違いない。
12月、フーゴだったら嬉しいんですけどね~。
[ 2012/09/11 17:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/461-b743ed43










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。