アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

超像可動 ジョルノ・ジョバァーナを買ってきましたァン!



DSC_1240.jpg


発売日が30日にも関わらず、それ以前に入手した方々がいらっしゃったようなので、
なんとか自分も先立って手に入れたかったのですが、
結局、30日にしか自分の近辺では手に入れることができませんでした。

そんな超像可動ジョルノ、クソ画像ではありますが、レビューのようなものを・・・。



ようやく登場した、5部主人公です。
巷では、「顔の日焼けがすごい」という評判だったので、
ちょっとばかし店頭にて選別。
選別したけど、あんまり変わりませんでしたけどねw

DSC_1238.jpg
箱を開けて、実物を持った瞬間の感想は、
「軽ッ!!」
でした。
これは、5部のキャラ全般に言えることですけど、2部の超像可動を持った後に持つと尚更実感できます。
まぁ、全体的にスマートなシルエットですので。

DSC_1242.jpg
顔の日焼けばかりに夢中になって選別したせいか、裾の緑色の塗装跳ねに気付きませんでした。
まぁ、そんなに気にはならないけど、よく見たらってぐらい。
それよりも、ハンドパーツの塗りがムラがあり過ぎ。
右手の親指部分が真っ白ですよ・・・。
制服のピンクは、54巻の表紙のカラーに非常に近いものになってます。

DSC_1243.jpg
おさげは、風にたなびいて右側に向いています。
学生服の裾も左だけちょっと浮いた感じ。
この学生服の裾が、かっちりしてまして、股の部分の可動の妨げになってます。
グワッと股を広げて、「ギャングスターになる」ポーズを取らせようと思いましたが、ダメでした。

さて、頭部です。
DSC_1253.jpg
DSC_1258.jpg
日焼けがどうなのか、分かりにくいので、フラッシュ無しとフラッシュありの2パターンを。
ボディ部分の色とそんなに差がないのは良かったかな。
この画像では分かりませんが、ちょっと首を上向きにすると
胸と首の間に、ぽっかりと空洞が空きます。

DSC_1252.jpg
DSC_1254.jpg
顔の造形については、一切文句ありません!
とてもイケメンじゃあないか!!
似ているかどうかは別として、とてもいいです(自分的に)。
目の辺りが、公開された見本画像とだいぶ異なっており、製品版の方が柔らかい表情に見えます。

DSC_1259.jpg
叫び顔。
顔が白いwww
この叫び顔と比較すると、自分の選別は何だったんだろうと。。。
ただ、首から下もいい感じに日焼けしているので、この場合、顔だけ白い感じになり、ちょっと違和感。
噂だと、この叫び顔と同じくらい白い普通顔もあるそうです。
見てみたいもんだ。


続いて、付属品。
DSC_1245.jpg
ライターです。
小さいのに、装飾の造形が細かくされています。
このライターの台座として、ジョルノがちょっと齧ったパンもあります。

DSC_1247.jpg
カップとソーサーもあります。

DSC_1248.jpg
カップの中身は、こんな感じ。
この濁った黄色の液体を、アバッキオのアレと判断するか、それともお茶と判断するかはそれぞれ。
自分は、前者だと判断するぜッ!w


そして、我が家のジョルノ達との邂逅!!
DSC_1260.jpg
以前にプライズで発売されたジョルノと。
プライズの方が目が大きくて、人相が良いですね。
超像可動の方は、かなり人相悪しw
でも、髪の毛の質感や顔の細かい作りなどは超像の方がいいです。
ちなみに、プライズの方は、レクイエムになった際にジョルノのおさげが解けた状態です。
超像の方でもこれを再現した頭部パーツとか発売されるといいですね。

DSC_1261.jpg
コトブキヤARTFXのジョルノと。
ボディカラーもピンクだし、最も今回のジョルノに近いと思いましたが、
全然別物でしたw
そもそも、超像はカラーに光沢がないので、印象が全然違う!!
そして、顔の作りも超像の方がはっきりとしてます。
なるほどな~、これが技術革新というものなのかもしれませんね。

DSC_1263.jpg
一番くじで発売したジョルノと。
散々言われてたことですが、一番くじジョルノ、ヒドイなw
比較するまでもなかったかも・・・。

とりあえず、3つのジョルノと比較しましたが、
ARTFX、一番くじには、超像ジョルノが圧勝かと。
プライズジョルノは、これはこれで好きなんで、なんとも言えません。
でも、超像ジョルノも大満足です。
個人的には、RAHジョルノよりもこっちが好き。


というわけで、どうやって飾ろうか、色々考えて、
ジョルノと言えば、というギャングスターポーズにしようと思いましたが、
せっかく同スケールのグリグリ動くゴールドEがいるので、
その2つがうまく組み合わさるよう、こうしてみました。
DSC_1265.jpg
コミックス49巻「ギャング入門その6」の扉絵の再現した感じ。
色々関節の制約があって、完全再現はできてないですけど。
スタンド、本体ともに細いので、重ねやすいです。
DSC_1266.jpg
DSC_1267.jpg
せっかく可動するのに、もったいない感じですが、
素立ちでもスタイルがいいので、サマになってる(気がする。)。

DSC_1268.jpg
ブチャラティチームも、ようやく3人揃いました。
こうやって並べると、グッときますね!

後に回された分、その期待も大きかったジョルノでしたが、
大変良い出来でした。
ジョルノといえば、様々なカラーバリエーションがありますが、
この出来ならば、セカンドカラーもついつい買っちゃいそうですね。














関連記事



どーもー。

うちの超像ジョルノは胸の肌が白かったですー。
他の部分は比較的ムラのないのを選んできたんですが、胸のところだけは箱から出すまで気付かんかったー。

しかし、細いですよね。
腕とか貧相なカニの足みたいになってます(笑)
[ 2012/04/02 23:47 ] [ 編集 ]

うちのジョルノはヨドバシで散々選別して無事ベストを選択しましたw
30箱くらい見分けましたが、塗装のはみ出しがあったり、顔に爪の痕があったり、目がギョロってたり…
もう少し精度を上げて欲しいです

でも髪の毛の造型とかは問題なしですねッ
プライズでは再現できない細かな造型がかっこいいです
私もRAHよりは超可のジョルノの方が好きです

一番くじジョルノとの出来の差には驚きですよね・∀・;
私はを台座からはずして超可を置いて飾っていますw
なかなか様になりますよ^^
[ 2012/04/03 12:04 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます。

>MMさん
胸が白いのもあるんですか?
自分は顔ばっか気にしてたので、胸の部分はまったく見てなかったですね。
セカンドでは、こういった色ムラは修正して欲しいです。(と、セカンドがまるで発売確定のようなw)
カニの足とは上手いですね!
確かに、その通りすぎです。出汁とるカニみたいですねwww

>るいじさん
30箱!それは凄い。執念の勝利ですね。
自分は選別してても、途中でめんどくさくなっちゃってw
でも、自分で選んだものなので、後悔はないです!
待たされただけあって、いいモノですよね~。

一番くじジョルノを外して、超像可動を飾ってるとは!
その発想はなかったですね。
宙に浮いたあのポージングは、超像の台座だけでは無理ですもんね。
[ 2012/04/04 00:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/372-e451685e










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。