アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【そこにシビれるぅ】 ジョジョ小説 第2弾はDIOが主役ゥ! 【あこがれるぅ】



小説


"VS JOJO"第2弾!!
主人公は世界を、そして時間をも支配できる力を持つ男――
その名はDIO!!


ジョジョの小説「VS JOJO」シリーズの第2弾のタイトルが発表されました!
第2弾のタイトルは、
JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN

主人公は・・・DIO!!!




前回の「恥知らずのパープルヘイズ」が発売されてから間髪入れずの発表となりました。
第2弾を描くのは、以前からの発表通り、「物語」シリーズが売れに売れている西尾維新!
主人公は、ジョースターの血統と長く関わり続ける「ジョジョの奇妙な冒険」もう1人の主人公とも言えるキャラクター「ディオ」です。

まさか、ジョースターでなくディオを主人公に持ってくるとは・・・。
人気キャラですし、あり得る話なのに、まったく予想していませんでした。

アオリ文には「主人公は世界を、そして時間をも支配できる力を持つ男」とあるので、
ディオがザ・ワールドを身に付けてからのお話になるんだと思います。
そういえば、ディオって色んなことしてますよね。
プッチと親友になったり、ジョルノの母親を生かしておいたり、虹村父に肉の芽埋め込んだり。
そう考えると、いろんな話が書けそうですね。

プッチと出会うまでに世界中を放浪し、そこで出会った奇妙な人々(オリキャラ)についてとか
ジョルノの母親を何故生かしたのか?という疑問に答えるべく、ディオの恋愛話とか
「天国へ行く方法」を思い付くまでの話とか。

そう考えるとワクワクしてきますね~。


作者の西尾維新氏の作品は、「戯言シリーズ」と「人間シリーズ」だけ読みました。
「りすか」や「刀語」、人気の「物語」シリーズなどは一切読んでません。
正直、戯言シリーズでお腹が満たされたので。
でも、軽妙な語り口や作中の印象的な台詞、言葉遊びなど好きな部分は多い作家さんです。
そういや最近出た「少女不十分」は読みましたね。

感想・・・を述べるほど内容がなかった気がする・・・。
西尾氏がディオをどのように料理するのか、見モノです。


西尾維新「JOJO'S BIZARRE ADVENTURE OVER HEAVEN」は12月16日発売です。


加えて、書籍関連で
作家・乙一氏が描いた、その後の4部の物語「The Book jojo's bizarre adventure 4th another day」がリニューアルされて12月19日に発売するそうです。
既にハードカバーのものを持っていますが、装丁がいいものだったら買っちゃうかも。

そして、現在連載中の第8部「ジョジョリオン」のコミックスがついに発売されるようです。
発売日はこちらも12月19日。
どんなデザインの装丁になるのか、楽しみだ~。




【送料無料】The book(ザ・ブック)

【送料無料】The book(ザ・ブック)
価格:1,575円(税込、送料別)




関連記事



どーもー。

これには僕も驚きました。
まさか、DIOをもってくるとは…。
なんとも大胆!

僕は西尾維新をジャンプのめだかボックスくらいでしか知りませんので、今回のvs JOJOが西尾維新初体験と言ってもいいくらい。
それが吉と出るか凶と出るか。
とにかく、楽しみなことには変わりないですね。

しかし、ここ最近、DIOの話題が多いですね。
一番くじやら、来年のプライズやら。
あと、キャラヒーローズ三部の全編セット再販売、特典がロードローラーですもんね。
アニバーサリーイヤー、JOJOよりもDIOの人気を感じます(笑)
[ 2011/10/21 14:04 ] [ 編集 ]

>MMさん
ジョジョ以外で、全ての部に関係してくるのがディオですから。影の主人公と言ってもいい彼ならば、このようにフューチャーされてもおかしくないです。
西尾氏の作品は、とても読み易いですよ。内容は好き嫌いが激しいかも。
好きなキャラなので、ディオ商品がたくさん出るのは嬉しいですね~。
[ 2011/10/24 12:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/256-4d39e3e3










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。