アクセスランキングブログパーツ

















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【星条旗よ】 スティールボールラン最終巻、発売! 【永遠なれ】






第7部、コミックス完結!




先週、6月3日についにスティールボールラン最終巻である23巻が発売されました。
表紙には物語を最後まで引っ張ったジョニィ、ジャイロ、ルーシー、スティーブン・スティール、ディオ、大統領が描かれています。
背表紙の続き絵はどんな締めになるかと思ったら、まさかのザ・ワールドでした。7部のザ・ワールドってこんな体色なんだ、ふ~ん。

掲載された話数はたった3話でしたが、ラストの怒涛の展開のため、それほど少なさは気になりませんでした。
といっても、このラスト3話が掲載されていた時は、ウルトラジャンプも怒涛のジョジョ付録ラッシュだったので、しっかりウルジャンを購入して読んでただけに、コミックス派の人ほどの興奮はなかったのですが。。。

ウルジャンでも飽きるほど読んだのですが、
コミックスで改めて読み返して思ったこと。
「ディオの首がラストに登場する」
「最後の戦いの際に、近くに棺(シェルター)がある」
「最後の場面が大西洋海上」

と、1部と共通する点があったんだなぁと思いました。
そう考えると、シェルター内にディオが隠れてて、第9部で復活とか。。。ないですね。1部と違って、首だけではなく、首が吹っ飛んでますからw

ラスト船上でのジョニィの「ニョホホ」はウルジャンの時もそうでしたが、やはり自分的にグッとくる1コマです。
精神や教えだけでなく、何気ない仕草にもジョニィの中でジャイロが息づいている、そう考えてしまいます。

恒例のカバー折り返し部分の荒木センセーの言葉は、「聖人の遺体の正体」についての言及。
作中で語られなかったので、てっきりいつも通り忘れている(問題発言)と思ってました。
現在、手元にコミックスがないので、正確には書けませんが、
「聖人の遺体が一体誰だったか、についてはわざと描かなかった。遺体は「清らかさ」の象徴として描いた。」
だそうです。
確かに、ストーリー上、それが誰かはあまり関係がない(作中でも登場人物が探りをいれるシーンもありましたが。)ので、納得する部分もあります。
ただ、ルーシーの体内に頭部を受胎させたときに出てきた、羽根の生えた鶏冠付きのスタンドみたいなヤツ、あれも清らかさの象徴?
出てきた時は「遺体を全部揃えたら発現するスタンド」もしくは「受胎告知の天使(ガブリエル)」と思ってました。
その姿の殆どが影になっていたので、その全容を見てみたかったです。

その他、7部に残った疑問点
・ジャイロのオヤジさんはスタンド使いだったの?(ゾンビ馬)
・シュガーマウンテンのラストで「全てを手放したものが全てを手に入れる」的なことになってましたが、ジョニィは何を手に入れることができたか?
これは、自由に動く足ってことなんですかね。
・ポコロコのスタンド?の名前、能力。

他にもあるとは思いますが、今思ったのはこのぐらい。
まぁ、どの部でも多かれ少なかれ消化不良のことはありますから、いいんですけどねw

というわけで、コミックス最終巻も発売され、完全に終了した第7部。
振り返ると、連載が開始された当時の自分の若さの方が驚きです。
なんたって最長の部になりましたもんね。
連載当初は「月刊のジョジョだとどうなるのかな」と思ってましたが、特に問題なくコミックスも発売され、また青年誌に媒体を移したことで、少年誌時代にはなかった「濃厚な苦味」のようなものが出ていたと思います。
ジャイロ対リンゴォや大統領対ディオなどの名勝負も多く、7部も楽しく読めました。
ただ、安易な過去の部のオマージュ(「メメタァ」や「考えるのをやめた」、「だが断る」)はちょっと食傷気味でしたね。
極めつけのディオ復活→ザ・ワールドはなくてもよかったんじゃないかとも思ってます。
荒木センセーが楽しんでいたならいいのですが、過剰なファンサービスとも取れたので。。。

現在は早くも第8部「ジョジョリオン」が始まっています。
こちらはSBRの時とは比較にならないぐらいとんでもない第1話でした。
既に目が離せない状態。
これからもまだまだ楽しませてくれそうです。

荒木センセー、そしてジョジョ
今までありがとう。
そして、
これからもよろしく。
関連記事



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://august7.blog84.fc2.com/tb.php/160-b0a03803










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。